シリコンバレー 努力? 運? 持って生まれたのも?

以前運について書いたことが有るのです。 人生は運の連続。幸運もあれば不運もある。 バランス的にプラスになれば良いですが実際プラスになる人の方が少ないのが現実です。

運に左右される要素はとても多い。それは人生で受け入れるしかない。

じゃあ、努力で運をつかめるか? そんな保証はどこにもないのです。

もって生まれたもので? そんな保証もない。

では どうすれば。。。となりますね。

努力の方向性を間違っていることが多いことに気づいていますか? 

以前 旬と書いたことがありますが、旬になっていないことをやっても上手くいく確率は低いが、旬になって初めても遅い。つまり旬が近づいてきたことを知る、そんな勉強、経験、努力。 私は何度も失敗している。上手くつかんでいたら今頃はすごい資産家になっていたはず。。。なんてことが幾度もありますが、旬が近づいていたのを感じ取れなかったのです。 ある会社に長居しすぎた。以前から書いてますが 回る、流動することが必要で、その流れ有るところ栄えます。 日本は昭和時代、固定することで成長しましたがそれはいわばダムを造ったようなもの。ダムに流れ込む水(ビジネス)が成長し続ければ良いですが入るのが細々となって来た昨今、ダムの水が減ってきているんですね。 流れ込む水には労働力も入りますよ。人口減り若い世代減り。。。では。私は水が無くなる前に電力ばかりに使ってきたような水を使って肥沃な大地を今一度造り上げることが必要だと思いますが経営者でも国を動かす人でもないので単に評論家気取りの爺のたわごとです。

運を感じたら、運がやってきたら 取る という勇気を持つことが大切です。 

おっと、自らが運を作るというのは経験ではないです。 運はやってくる。ただ、運がやってきやすい環境に移っていくことは必要です。それは必要でただ待っていれば運が勝手にやってくるというのは確率的に少ないのです。

運がやってきたら、死に物狂いでやる。 その時重要なのは努力です。 いつでも努力するんじゃないんです。 努力はするタイミングがあるのです。ずっと努力してきた。。。と言う人、運がやってきたときに努力できるエネルギーが枯渇していたら? 運を取り逃がす。 その最も足るのが病気です。体力無くしてできることは限られます。それと並行するほどに重要なのが頭の調子。残念ながら頭を体力に入れない風潮がありますが頭ほどにエネルギーを使う臓器はないのです。