現状を知ること 番外編

今日はメモリアルデーの休日の始まり。3連休です。今日のBLOGは いつもの シリコンバレー はつけていません。 番外編だから。

30+年前の合衆国と今の合衆国は随分異なる国になったと思います。以前は余裕があった。 今はなく、お陰でTのようなのが。。。 そのTを限りなく愛する日本人も見て、幻滅。 

何が違うのか? 30+年前はインターネットが無かった。。。

ここに尽きるのかな? 人はみな自分で考え、自分で検証し、そして自分で判断をしていた。

私もテクノロジーの世界にずっと30+年いるわけですが

人々がどんどん、勉強しなくなっている現状に

驚いている

いや、勉強を必死でしている国民、国も多いです。良く取り上げるのがベトナムですが、別にベトナムに限りません。

これから30年で世界の経済地勢図は大きく変わるでしょう。 人口分布も大きく変わります。軍事力も変わるかな、おそらく。

私の世代は終わってしまいますが今40代以下の年齢層、本当にしっかり自分で調べ、考え、検証、考察して行動していくことが重要。

とメモリアルデー、メモリアルデーは第一次世界大戦で亡くなった兵士たちを思う、そんな経緯のある休日、 思うところです。

世界大戦が来るとは思いませんが(兵器があまりに巨大化しすぎたので)、地勢図はこれからの10ねん、30年で大きく変わる、これは確かです。 

30年経ったら中国だってどうなっているか、わかりませんよ。30年後の中国がどうなるだろうか?と研究するのは役立つと思います。 30年過ぎて合衆国がこんな姿になってしまうとは私は予想だにしなかった。30年後なんて気にする必要はない私ですが、 日本、中国、エネルギー、資源と環境、合衆国、アフリカ、中東と気になって仕方なくあれこれ勉強しています。関係なくなる爺がやっているのです、当事者がしなくてどうする?と私は思います。

常に 当事者でいる

と以前書きましたが 当事者でいる というのは 傍観しないということです。

技術の進歩も傍観者にならず当事者になってやってみると良いのです。傍観者にしかなれそうになければ、 当事者になれるところに移っていく。つい先ごろ書きましたが

場所と時間 です。 それで 当事者のひとりになれます。