シリコンバレー 体験、経験、知識

何度が書いてますが

入門では 事足りません。 今や、少なくとも私が属するハイテク、シリコンバレーのシリコンたる、ソフトウエア、半導体、AI、 バイオ(バイオテクノロジーも大きな分野なのです)、それに加え今やEV, ロボット、セキュリティー、など裾野は広がる一方ですが、 入門程度では足りません。大学を出た段階で入門は通り越してある程度以上の知識と経験があること

は 要求されています。 これも何度も書いていますが 企業が 教育するという日本のやり方は日本ですらなくなりつつある。

日本人の好きなことに、 入門と 体験 があります。 入門書だらけだと書きました。 そして、 少し体験すると、本を書く。だって、入門書はそれくらいで書けますからね。 書店の立ち読み15分で終わるような書籍にお金を払うのか。。。と思うことも多いのです。

であるなら体験も経験も不要か? いいえ。 とても重要。学んだことを実際に試す格好の場。でも、それはできれば学生時代にインターンで積んでおきたい。政治に志す高校生のインターンだってあるのです。大学に入ったらもう即インターンを探す学生も多いのです。でも、体験です。それを元に本を書こうなどとは思ってはいないです。

学生の間だけです、時間がありそうした体験的な経験ができるのは。人間歳を取るごとに忙しくなります。学生時代が一番暇。 コースワークで忙しい? そんな程度で忙しいと言っているなら考え直した方が良いのです。働くと、もっと忙しくなります。

アルバイトをするより、インターン。 旅行をするなら、インターンをかねて。ワークホリデー(というのがあるそうですね)ではなく。 沢山インターン募集を見つけることができますよ。