シリコンバレー AI

最近もAIのいわゆるスタートアップ企業が巨額の投資を受けた話題が上がりますね。

AI,AI, AI。 中国とアメリカの2極での競争のようになっていますが資金が流れ人が流れ、話題(民間、軍事などを問わず)にぎわせています。そこにコロナの流行もありバイオテクノロジーが参加した。AIが半導体と並びコアテクノロジーとなったのですね。 半導体がいわゆるシリコンバレーを作った(と思いたい)。そして今再びその半導体がとても重要になっていますがその大きなドライバーはAI。

人が足りないからどんどん拡散していっているとも書きました。国内ではテキサスのオースチン、アリゾナのフェニックス、チャンドラー、コロラドのデンバー周辺。。。 元々赤い州(赤とは共和党)に青二才なテッキー(大学をでたインテリ層? 青がシンボルカラーの民主党)が進出し、カリフォルニアの行くところ家が高くなる、リベラルになる。。。などとも言われます。 その大きな反動もありますね。アメリカだけではないですよ。UKなどもね。でもそれを乗り越えて次の時代がやってくるんだろうと思います。もう始まっていますね。AIはその一つ。これだけではないですがAIはまだまだ進歩の過程。 

なんども書いてますがこんな時が チャンス なのです。 そんなチャンス、残念ながら今の日本ではあまり享受できていないですね。民間に資金力なく、国家に方針なく。。。だったら私はチャンスあるところに移動するのが良いと思うんですね。

シリコンバレー、海外にも進出していますが、私の見る限り行先に日本があまりない。。。 今でもいわゆるローカル化(言うなれば日本語化)はローカルで実施するようですが日本、市場規模は小さいんですね。しかも縮小しているが拡張していない。以前私が居た会社、日本市場が大きかった時代の会社でお金をかけて日本語化をしていました。でも、今はもうしていない。中国語化を始めたのですよ。日本語のページはもうアップデートなし(つまりメンテナンスだけ)。民間企業はこんなものですがそういった現実をいつも見てきていますから実に肌で感じていた。。

人材(富ですからね)ある所に集まっていくのですが、ことAI,半導体など今を制する戦略的な技術では日本に集まっているかな~と、日本でも開発や研究があるのは知っていますが思うところです。

周回遅れだと何度か書いてますがそろそろ2周めの遅れになりそう。2周遅れたら取りかえしは難しいですね。諦めちゃうかもしれないし。国家をかけてやろうとしている分野です。日本も国家をかけてやる、と良いんですが。

因みにAI関連の技術者、研究者、チャンスですよ。お金の集まり方が違います。それと企業が投資する額が違う。。。