シリコンバレー 運 追加の追加

以前 運 について書きました。今日はその続きの続きです。以前のBLOGも見てくださいね。 

人生、運に大きく左右されます。運も実力のうちなんて古い言葉聞いたこともあるでしょう? 運を嗅ぎ取るには実力が必要だからでしょうか? 運のあるところに出かけるそんな勇気(実力)が必要だからでしょうか? 

今日はその 嗅ぎ取る実力 について。以前のBLOGで自ら意識して選択をしていくことはとても重要だと書いたのですがその選択と嗅ぎ取る実力はペアのようなものです。人間、良き方向に進むように選択したいと願うのは普通です。

運にもその進む方向を示す道しるべ、磁針はあります。それを見つける(嗅ぎ取る)ことは必要です。 卑近な例ですがベンチャー企業に勤めていた時、別なベンチャー企業から誘いを受けたことがあります。その当時まだまだ開発途上だったネットワーク関連の基礎技術を開発していたベンチャーでアイデアは創業者CEOが全部持っているというよくあるエンジニアが興した会社です。 ちょっと調べてみるといずれ大きなブレークスルーになるだろうけれど、時期そうそうだと。。。 ベンチャー、運転資金が無くなればおしまいなのです。その会社の運転資金はとても少なく、私が居た会社に運転資金はそのころ潤滑だった。家族もいるし。。。と誘いを受けなかったのですが、その会社2年後にそのブレークスルーを抜けてしまった。突然時代の寵児のようになりあっという間に大きな会社に買収された。今もその当時のCEOはその大きな会社で大きな開発部隊を率いています。その技術、とても重要で勉強と経験を積んでおけば私自身の価値はもっと上がっていたに違いない。自分が選択しなかったのだからそれまで、なのですが、創世期の技術に関与できるような運、実はとても少ないのです、自分自身がその技術を作り出すと言うことでもなければ、このCEOのように。

これはベンチャーに限ったことではなく大きな会社でも何か新しいプロジェクトを始めることがある。始めることを大々的に宣伝することもあればひっそりと始まることもある。 ひっそりと始まるような場合、嗅ぎまわっておかないとわかりませんね。社内でどんなことが始まろうとしているのかを知ることは重要です。そして仮にその技術、プロジェクト、自分なりに検討して将来に脈がありそうだと思ったら運を探す、つまりどうやってそれに関与できるかを考え行動する。 これはキャリアを積むうえでとても重要です。

運は待っているのでなく、 実は嗅ぎまわって探す。 だから運も実力のうち と言うのです。

待てば海路の日和あり では なくね。

もちろん じっと待つ そんな実力も必要ですよ。 じっと待つそんな我慢強さと運を嗅ぎまわり探せる実力、 そのどちらも身に着ければ

鬼に金棒

ですね。

これで早いものでBLOGポスト数100になりました。 今年はできればYOUTUBEでもデビューしたいかな、とも考えています。。。