シリコンバレー キャリア 次の次

自分自身のキャリア(経歴)を考えたことがありますか?以前履歴書について書きました。履歴書は定期的に更新するものだということを書いた。

キャリアプランを作るとき、次の次を念頭に置く、例えば私の例で過去の経験を上げるなら

ーR&D開発エンジニアからマーケティング部門に移りましたが、まずカスタマーエンジニア(顧客をサポートするエンジニア)を1年ほど勤め、その後アプリケーション部門で数年過ごしそのうえでマーケティングに移動。R&Dという会社組織の中ではコストセンター(つまり利益に関与しない)部門からマーケティングという利益を左右する部門に直接行ったのではなく丁度中間程度にあたるところを経由する形で移動。

ー今再びR&Dに戻りましたが私にとって全く経験のない開発をすることで経験と知識を補充するのも一つのゴールです。この経験をもとに5年後くらい先には再びマーケティングに戻るか、全く独立してコンサルタントを主業務とするか今色々と考えている最中。

ーコンサルタントも経験を積んでおきたかったのでマーケティングからR&Dに戻る前の1年を使い技術、ビジネスコンサルタントを経験しておいた。

となります。 技術畑にとどまりマネージメントに移るつもりだけはないのですが技術にとどまりつつもどんなキャリアがあるか、それにはどんな経歴(経験)と知識が必要になるか、どんな人脈が必要になるか、などを履歴書を元にあれこれ考えるわけです。ひとからのアドバイスなどもそれを元にすると実りもあります。

色々と相談を受けることもありますが具体的なことを話さず漫然としたことでは相談にも乗れない。

自分のキャリアを考え、自分の進もうとしている方向をみて次、そしてその次程度までは見通しておくことが大切だということです。

そしてその中で仮に”学歴”があると良いな(有利だ)となれば、その時は早めに行動をとることが重要です。例えばMBA,40代になって学校に戻るのは難しい。オンラインでも家族があったりすると大変です。もっとも学費がとても高いので学費を回収できる見込みがあるかどうかも十分に検討することは必ず必要になります。MBAは今や年間何万人も卒業する、それこそ価値が下がってしまった学位の一つだとも言います(超有名校は別ですが学費もとても高い)。

次の仕事、ポジション、キャリアだけで精一杯かもしれませんが気にかけておくだけでも役立つはずです。